共通 化学 1年・通年・必修・履修2単位
担当教員 渡邊 義孝、蝦名 不二夫 連絡先 
講義の概要 中学校で学んだ理科の第1分野を基礎に、化学の基礎的事項を分子論的な考え方に基づいて体系的に理解させる。さらに、演習問題や実験を加味して、化学のより深い理解へと導き、身の回りの化学的な事象を考える習慣を身につけさせる。
到達目標 1 原子・分子の概念、化学結合の種類と違い、物質量であるmolの概念などを理解できること。
2 化学反応式から物質の量的関係や熱化学方程式から化学変化に伴うエネルギー変化が理解できること。
3 酸と塩基の概念、酸化と還元の概念が理解できること。 
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 § 化学と人間生活 化学と人間生活の関わり、化学物質のリスク  
第2週 § 物質の構成と化学結合
第1章 物質の構成 1.純物質と混合物
元素と元素記号、純物質と混合物の違い、
物質の分離・精製法
 
第3週 2.物質とその成分
3.物質の三態と熱運動
単体と化合物、同素体、成分元素の検出、物質の三態、
物質の状態変化、熱運動と温度
 
第4週 第2章 物質の構成粒子
1.原子とその構造
原子の構造、原子の表し方、同位体、放射性同位体と利用、原子の電子配置と価電子  
第5週 2.イオン
3.原子の周期律
単原子イオンの電子配置、多原子イオン、
典型元素と遷移元素、金属元素と非金属元素
 
第6週 第3章 粒子の結合
1.イオン結合とイオン結合の物質
イオン結合、イオン結合物質の表し方、組成式、性質  
第7週 (中間試験)  
第8週 2.分子と共有結合
3.分子の極性と電気陰性度
分子、共有結合、電子式、構造式、配位結合、
電気陰性度、分子の極性
 
第9週 4.共有結合でできた物質
5.金属結合と金属
分子結晶、共有結合の結晶、高分子化合物、
金属結合、金属の性質、金属とその利用
 
第10週 【実験1】 気体の発生と沈殿の生成 水素や二酸化炭素などの気体の発生法、炭酸カルシウムや塩化銀などの沈殿の生成法  
第11週 § 物質の変化と状態
第1章 物質量と化学反応式 1.原子量
相対質量、原子量、分子量、式量  
第12週 2.物質量 物質量とアボガドロ定数、モル質量、モル体積、
質量%濃度、モル濃度、質量モル濃度
 
第13週 3.化学反応と物質量(1) 化学反応式の作り方、未定係数法、イオン反応式  
第14週    化学反応と物質量(2) 化学反応式が表す量的関係  
第15週 (期末試験)  
第16週  前期の総復習 前期のポイントのまとめ  
後期 第1週 第2章 気体 1.気体の体積 ボイルの法則、シャルルの法則、ボイル・シャルルの法則  
第2週 2.気体の状態方程式 気体の状態方程式、混合気体の圧力、分圧  
第3週 第3章 酸と塩基の反応 1.酸と塩基 酸・塩基の定義、酸性酸化物と塩基性酸化物、電離度  
第4週 2.水の電離と水溶液のpH 水の電離、pHの定義  
第5週 3.中和反応 4.塩 中和する酸・塩基の物質量、中和滴定、指示薬、
酸性塩、塩基性塩、正塩
 
第6週 【実験2】pH滴定と指示薬 pH滴定、ガラス器具の取扱い、滴定値の取扱い  
第7週 (中間試験)  
第8週 第4章 酸化還元反応 1.酸化と還元 O原子、H原子、電子の授受と酸化・還元  
第9週 2.酸化・還元と酸化数 酸化数の算出法、酸化数の変化と酸化・還元  
第10週 3.酸化剤・還元剤 酸化剤・還元剤の定義、過マンガン酸イオン・過酸化水素  
第11週 4.金属のイオン化傾向 金属のイオン化傾向の序列、金属と水や酸との反応  
第12週 5.酸化還元反応と日常生活 ダニエル電池、鉛蓄電池、一次・二次電池  
第13週 6.電気分解と金属の製錬 電気分解の原理、水溶液の電気分解、金属の製錬  
第14週 7.電気分解とファラディーの法則 電気量と電気分解の量的関係  
第15週 (期末試験)  
第16週  後期の総復習 後期のポイントのまとめ  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:『高等学校 化学基礎』『化学』 数研出版株式会社
参考書:『スクエア 最新図説化学』 第一学習社
問題集:『標準セミナー2012 化学基礎』第一学習社
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
日常生活の中には、『化学』がさまざまなかたちで生きています。身近な化学的事象に興味をもち、本授業で習った知識をそれらの理解に活用すれば、ずっと広い世界が君たちの前に開けてきます。演習用に上記問題集を活用すること。