共通 古典 1年・通年・必修・履修1単位
担当教員 桐生 貴明、井上 八雲 連絡先 
講義の概要 古文、漢文の学習を通して、古典における基礎的事項を理解し、幅広い教養を身につける。
到達目標 1、古文の基礎的事項を理解し、正しく音読するとともに、本文の大筋を理解する。
2、漢文の基礎的事項を理解し、正しく音読し書き下し文を書くとともに、本文の大筋を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 古典学習に入る前に 古典とはどのようなものかを理解し、学習する内容について確認する。  
第2週 (古文)宇治拾遺物語「ちごのそら寝」 本文を正しく音読し、大まかに内容を理解する。  
第3週      〃           〃  
第4週 (漢文)訓読 漢文の基礎的事項(訓点、再読文字など)を理解し、訓読ができるようにする。  
第5週      〃           〃  
第6週      〃           〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (漢文)故事 「守株」ほか 音読によって漢文のリズムになれるとともに、内容を大まかにつかむ。故事成語について理解を深める。  
第9週      〃           〃  
第10週      〃           〃  
第11週      〃           〃  
第12週 (古文)土佐日記「門出」 基本的事項(歴史的仮名遣い、基本古語)を押さえ内容をつかむとともに、平安時代の文化について理解を深める。  
第13週      〃           〃  
第14週      〃           〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 (古文)伊勢物語 「芥川」 歌物語を読み内容をつかむとともに、物語上での和歌のもつ意味について考えを深める。  
第2週      〃           〃  
第3週      〃           〃  
第4週 (漢文)論語  論語の中のいくつかの文章を読み、そこに描かれる人間像などについて理解を深める。  
第5週      〃           〃  
第6週      〃           〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (古文)徒然草 「つれづれなるままに」 古典随筆の代表作である徒然草の一部を読み、筆者のもののとらえ方を探る。  
第9週 (古文)徒然草 「花は盛りに」           〃  
第10週      〃           〃  
第11週      〃           〃  
第12週 (漢文)十八史略 「鶏口牛後」 本文を訓読し、論の展開を確認したうえで、逸話から繰り出される主張を読み取る。  
第13週      〃           〃  
第14週      〃           〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Eに対応 達成項目本科ト)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:久保田淳他「高等学校国語総合」(明治書院)
参考書:「新総合図説国語」(東京書籍)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績90%、提出物等の成績10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
「いにしへ」から伝わるさまざまな文章に触れ、当時の文化、思想について考えてみてください。疑問点などは、積極的に質問されることを期待します。予習、復習の際には、古語辞典、漢和辞典などをこまめに引いてみてください。