共通 国語 1年・通年・必修・履修2単位
担当教員 桐生 貴明 連絡先 
講義の概要 近代に登場した散文及び韻文を読み、日本人の持つ骨太の思惟及び構想力を学習するとともに、日本人の感性及び表現力の豊かさを追体験し、将来に向かっての自己表現力を育成の場にする。
到達目標 近現代の作品を分析・味読することにより思考力の伸長を図るとともに、表現力を豊かにする。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 (随想)どうすれば虹の根もとに行けるか 筆者の主張を理解するとともに、子どものころに感じた「疑問」や「不思議」の意義について考える。  
第2週    〃    〃  
第3週    〃    〃  
第4週 (評論)時間をめぐる衝突 論点を整理し、筆者の主張を理解するとともに、時間と人の営みとの関係について考える。  
第5週    〃    〃  
第6週    〃    〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (短歌)白鳥は哀しからずや
短歌や俳句を鑑賞し、日本古来の韻律を味わい、韻文ならではの表現の妙を知る。また、短歌の実作を通じ、表現力を高める。  
第9週    〃    〃  
第10週 (俳句)万緑の中や
   〃  
第11週    〃    〃  
第12週 (評論)水の東西
論の展開をとらえ、筆者の主張を理解するとともに、日本の文化や日本人の物のとらえ方について考えを深める。  
第13週    〃    〃  
第14週    〃    〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 (小説)羅生門 芥川龍之介の小説「羅生門」を読み、場面展開や表現の妙を味わうとともに、人間の「性(さが)」について考える。  
第2週    〃     〃  
第3週    〃
    〃  
第4週    〃     〃  
第5週 (詩)甃のうへ 作品の音読、解釈を通じ「詩」の持つ表現世界を味わう。  
第6週    〃     〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (評論)世界中がハンバーガー 論の展開をとらえ、筆者の主張を理解したうえで、「世界の均質化」や「グローバル化」とはどのようなものなのか、考えを深める。  
第9週    〃     〃  
第10週    〃     〃      
第11週 (評論)「思われる」と「考える」
思考の形態を表す2つの言葉についての筆者の主張を理解するとともに、日本人のものの見方、考え方の特色について考えを深める。  
第12週    〃     〃  
第13週    〃     〃  
第14週    〃     〃  
第15週 (期末試験)        
第16週 総復習        
学習教育目標 Fに対応
達成項目本科チ)に対応
JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:久保田淳 他「高等学校国語総合」(明治書院)
参考書:「新総合図説国語」(東京書籍)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績90%、提出物等の成績10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
他者に自らの思いを正確に伝えることは、容易なことではありません。自らが発した語の連なりが真に自らの意を他者に伝達できるのか、他者の表現した語の連なりが、どのような意味を有するのか(他者の思いを理解できているのか)、日々考え続けることが肝要です。それが自ずと予習・復習となるはずです。