• HOME
  • ニュース
  • 全国高専水泳大会 女子100Ⅿバタフライで優勝!

全国高専水泳大会 女子100Ⅿバタフライで優勝!

令和3年12月18日(土)、19日(日)に、秋田県立総合プール(秋田市)にて開催された第56回全国高等専門学校体育大会水泳競技において、本校の高野広乃さん(1年)が女子100Ⅿバタフライで見事優勝しました!

例年、8月に開催される同大会は、コロナウイルス感染拡大防止の影響で12月に延期となり、本番に向けての体力づくりの再調整や気持ちの切り替えで苦労したと語る高野さん。コロナ禍で練習環境に制限がある中、パラシュートをつけて負荷をかけて泳ぐなど内容を工夫して質の高い練習を続け、プール以外でのトレーニングも強化した結果が実を結びました。

「久しぶりの大会だったので自己ベストが出るとは思いもせず、びっくりしました。また初めての高専大会だったのでとても緊張していましたが、本番前には水泳が専門の安藤先生がフォームの修正やメンタルケアなどをしてくださったのでリラックスして本番に望むことが出来ました。この結果が得られたのも、より良い環境づくりをしてくださった先生方や、一緒に大会に参加したメンバーの応援、マネージャーのサポート、そして家族の支えがあったからだと思います。とても良い経験になりました。」と周囲への感謝の言葉とともに、「まだまだ終わりの見えないコロナ禍ですが、練習を欠かさず来年も良い結果が残せるよう日々努力していこうと思います。」と意気込みを語ってくれました。

▲賞状とメダルを手にした高野広乃さん