機械・制御系

機械・制御系

次世代の基盤技術を担うオールラウンドエンジニア

世界で活躍できるものづくりエンジニア

自動車やロボットなどの機械には、情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)といった他工学分野の制御技術で知能化・システム化された革新的な技術が不可欠で、その重要性は今後ますます大きくなります。本系では、これまでの機械システム工学科と電子制御工学科の教育課程を整理・統合し、社会のニーズに対応する機械系、制御系の発展的な科目群に再構成しています。さらに、共通科目や副専攻体制をとることで、次世代の知能機械や機械システムの開発から生産に係わる幅広い分野を担うことができる人材の育成を目的としています。

創造性豊かな技術を育む実験・実習や卒業研究

今、求められている機械系の工業製品は、エレクトロニクスやコンピュータなどの他工学分野の制御技術で知能化・システム化された革新的なものです。そのために、(1)工業力学をベースに材料、熱、流体、機械(機構・振動)の4力学を中心とした分析に重点が置かれた縦糸としての工学、(2)設計、材料・加工、制御・システムなど設計から生産までの統合に重点が置かれた横糸としての工学、(3)電気・電子、情報、エネルギーなどの応用技術に係わる工学、さらに、実習・実験、卒業研究を通して組み上げられた工学知の体系を習得します。このことによって,今国内外を問わず、確かな知識と技術を身に付け、高付加価値のある製品づくりを担う人材を輩出できるように教育課程を整えています。

研究
人工筋肉のシミュレーション

研究
GPS搭載ドローン

研究
磁気浮上型補助人工心臓

授業
CADによる設計製図

実験
マイコンロボットのプログラム制御

実験
電子回路設計

page top