台風、積雪等に対する休講措置について

 本校では、事故・ストライキ等でJR・その他の交通機関が運休した場合でも、可能な範囲で平常どおりの授業を行う方針です。
 ただし、台風、積雪等により気象警報が発令された場合は、以下のとおり授業及び定期試験の休講措置等を講じます。

1.基準となる気象警報

 茨城県下に次の警報が発令された場合が対象です。
  (1)暴風特別警報
  (2)大雨特別警報
  (3)暴風警報
  (4)大雪警報
  (5)暴風雪警報
 

2.休講を判断する時間

 授業の実施については、次のとおり判断します。
  (1)午前6時の時点で警報が発令されている場合は、午前の授業等を休講とする。
  (2)午前10時までに警報が解除された場合は、午後から授業等を実施する。
  (3)午前10時の時点で警報が発令されている場合は、午後の授業等も休講とする。
  (4)授業開始後に警報が発令された場合は、以降の授業等を休講とする。
 

3.休講等の措置の周知

 休講等の措置は本校ホームページ及び学内の電子掲示板により周知します。
 ただし、掲示は授業開始直前となることがありますので、各自で気象情報を確認してください。
 

4.その他

 警報が発令されている場合に限らず、登校時の状況が危険が伴う場合は無理をせず、登校を控えるようにしてください。
 授業等が休講とならなかった場合であっても、次の場合は特別欠席が認められます。
  (1)自宅又は通学途中の地域における風水害により授業を受けることが困難と認められる場合
  (2)平常利用している交通機関の運休等によって授業を受けることが困難と認められる場合

 

page top