ハラスメント防止

茨城高専におけるハラスメントの防止等について

茨城工業高等専門学校は、「独立行政法人国立高等専門学校機構ハラスメントの防止等に関する規則」に基づき、「茨城工業高等専門学校におけるハラスメントの防止等に関する規則」を定め、所属する全ての学生や教職員が良好な環境で修学・就労できるよう努めています。また、ハラスメントが発生した場合には、関係する規則に基づき厳しく対処します。

1.ハラスメント防止啓蒙委員会

ハラスメントを防止し、排除するための広報、啓発活動を行うため、ハラスメント防止啓蒙委員会を設置しています。構成員は、各副校長、各系長、一般教養部長、各センター長、事務部長、各課長です。

 

2.ハラスメント審査委員会

ハラスメントに起因する問題が生じた場合に適切に対応するため、ハラスメント審査委員会を設置しています。本委員会では、ハラスメント事案に対する事実調査及び審査を行い、また、救済措置案や再発防止案を策定します。構成員は、副校長(学生主事、寮務主事、総務)、学生健康センター長、事務部長等です。ハラスメント事案に対する事実調査を行う際には「ハラスメント調査委員会」を設置することがあります。

 

3.ハラスメント相談員

ハラスメントに関する苦情の申出及び相談に対応するため、相談員を設置しています。

構成員は副校長(教務主事)、学生健康センター長、カウンセラー、看護師、総務課長、その他校長が指名する者です。苦情相談は、関係者のプライバシー、名誉その他の人権を尊重するとともに、知り得た情報を他に漏らしません。その任務を退いた後も、同様です。

 

4.懲戒処分等

ハラスメント審査委員会においてハラスメントを行ったと判断された者は、懲戒・訓告等審査委員会において処分される場合があります。

 

5.関係規則等

ハラスメント防止に関する規則等は次のとおりです。

  1. 独立行政法人国立高等専門学校機構ハラスメントの防止等に関する規則
  2. 独立行政法人国立高等専門学校機構ハラスメント防止ガイドライン
  3. 独立行政法人国立高等専門学校機構ハラスメントを防止するために教職員等が認識すべき事項についての指針
  4. 独立行政法人国立高等専門学校機構ハラスメントに関する苦情相談への対応における留意すべき事項についての指針
  5. 茨城工業高等専門学校におけるハラスメントの防止等に関する規則

 

page top