学術総合情報センター

ようこそ茨城高専学術総合情報センターのページへ

平成26年度より図書館と情報処理センターが統合され、学術総合情報センターになりました。

図書館

和書・洋書あわせて約8万冊の蔵書のある図書

図書館は、学生及び教職員の学習、教育、研究の中心を担う施設です。豊かな教養・情操を養う場、憩いの場としての機能も持ち合わせています。

専門書、一般教養書を始め、幅広い分野にわたって多数の図書を収蔵しています。文芸、パソコン、スポーツなどの親しみやすい雑誌が閲覧できる雑誌コーナー、インターネットが利用できるパソコンコーナー、DVDなどが視聴できるAVコーナー、更に学生のニーズに応じてシラバスコーナー、ペーパーバックコーナー、進路・資格コーナー等の充実を図っています。臨時のミニ展示などにより親しみのある図書館を目指しています。

また、学生同士のディスカッションが可能なスタディルーム、新聞がそろえてあるブラウジングルームがあります。

なお、情報化時代に対応した国立情報学研究所(Nii) とのオンラインによる情報検索、大学等図書館間における文献・資料の複写・貸借、コンソーシアムによる学術電子ジャーナルデータベースなども利用できます。

開かれた図書館として地域市民に閲覧・貸出を通じて「一般公開」や開館時間の延長・土曜日開館などを実施して利用の拡大を図っています。

図書館の詳細、蔵書検索などは下記リンクより閲覧できます。

図書館のページ

 

情報センター

情報センターは、本校の情報処理に関する教育、研究、ネットワーク運用等の中核的役割を担っており、情報処理教育方針に基づいた各演習室の管理運営、校内情報ネットワークの管理、運用およびその利用に関する技術的支援を行っています。

情報センターの詳細、学内情報などは下記リンクより閲覧できます。

情報センターのページ

問い合わせはこちら

 

page top