校章・校歌

校章

page_emblem01

「春告草」とも「好文木」とも呼ばれる梅花は、古く万葉の昔から、わが国の人々に親しまれています。ひとり極寒に堪えながら、春に先がけて咲くこの花のりりしさ、ふくいくたる香りと清楚な姿に、人々の心を強くとらえるものがあったからにちがいありません。

本校では、このような梅のりりしさ、ふくいくたる香り、清楚な姿にあった若人を育成すべく、その象徴として梅花を校章に制定しました。

 

校歌

page_kouka01

page top