茨城高専のミッション

茨城工業高等専門学校の目的

本校は,教育基本法の精神にのっとり,及び学校教育法に基づき,深く専門の学芸を教授し,職業に必要な能力を養い,有為の人材を育成することを目的とする。また、前述の目的を実現するための教育を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。

 

教育理念と育成すべき人材像

 

「自律と創造」

 

科学技術の進歩は我々に豊かな社会を提供する一方、社会との関わりをますます深化・多様化させる中で、これまで我々が経験したことのないような新たな課題をもたらしている。このような中で、豊かで持続可能な社会を実現するためには、自律的にこれらの課題に取り組んでこれらを解決すると共に新しい知識を生み出すことのできる創造性あふれる技術者を育成することが本校における教育の根幹と考え「自律と創造」を本校の教育理念として掲げる。

 

学習・教育目標

本校の目的と教育理念に照らし、本科(準学士課程)及び専攻科(専攻科課程)では以下に示す基礎的知識,能力,価値観,倫理観を有する学生の育成を行う。

 

茨城高専の学習・教育目標

A)工学の基礎知識の修得

B)融合・複合的な工学専門知識の修得及びシステムデザイン能力の養成

C)産業活動に関する基礎知識の修得

D)社会人としての健全な価値観と自然理解に基づく技術者倫理観の涵養

E)豊かな教養に基づく国際理解力の養成

F)コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力の養成

 

本科(準学士課程)の達成項目

本科学生は学習を通じて以下の項目を達成しなければならない。

技術者の素養である自然科学(数学、物理、化学)の基礎知識を修得し、それらを工学的な問題の解決に応用できること。また、それぞれの学科の専門分野(機械システム工学、電子制御工学、電気電子システム工学、電子情報工学、物質工学)の知識を修得し、それらを工学的問題の解決に応用できること。データの分析や情報の収集にコンピュータを活用できること。
設計・システム系、情報・論理系、材料・バイオ系、力学系、社会技術系の基礎工学分野の知識を修得し、工学上の問題解決に応用できること。
異なる専門分野の知識を修得し、融合・複合的な分野の問題解決に役立てられること。
卒業研究などを通して、それぞれの学科の専門工学の知識を工学的問題の解決に応用でき、創造的資質を発揮できること。
実社会で技術者が業務を遂行する上で必要となる経済や社会問題の基礎知識を理解できること。
技術者並びに社会人としての健全な倫理観が身についていること。
人類の歴史、文化、価値観には多様性があることを理解し、自国の文化や価値観を尊重するだけでなく、国際的な視点からも現代社会を認識できること。また、英語あるいはその他外国語の基礎知識を修得し、国際的な視野を広げられること。
日本語による論理的な記述、発表、討議ができるとともに、英語資料の読解、英語による記述、簡単な英会話ができること。
卒業研究で得られた成果をまとめてプレゼンテーションできること。
特別活動,学校行事,課外活動,社会貢献活動,各種コンテストへの参加などを通じて,健全な心身を育むとともに,多面的に他者を理解することができる豊かな人間性や社会性を身につけていること。

 

専攻科(専攻科課程)の達成項目

専攻科学生は学習を通じて以下の項目を達成しなければならない。

技術者の素養である自然科学(数学、物理、化学)の準学士課程より進んだ知識を理解し、それらを工学的な問題の解決に応用できること。
設計・システム系、情報・論理系、材料・バイオ系、力学系、社会技術系の基礎工学分野の知識を修得し、工学上の問題を融合・複合的な視点から準学士課程よりも深く捉えられること。
それぞれのコースの専門工学(機械工学、電気電子工学、情報工学、応用化学)の知識を深め、また、異なる専門分野の知識を修得し、広く融合・複合的な分野の問題解決に役立てられること。
異なる専門分野の人とチームを組み、協力しながら工学的な問題の解決に向けて実験を計画し、遂行できること。
特別研究や学協会における発表の準備を通して、工学専門知識を活用し、実践的な問題に対して、自発的・創造的に考え、与えられた制約下で解決に向けて計画を立案し、継続的にそれらを実行できること。
知的財産権の仕組みや契約などの知識を修得し、技術者としてそれらを正しく活用できること。また、財務やコストの基礎知識を習得し、それらを説明できること。
科学技術の歴史を通してその意義を理解し、人類の幸福や豊かさについて考えられること。また、技術者として、科学技術が社会や自然に及ぼす影響・効果を理解し、社会に対する責任を自覚できること。
準学士課程よりもさらに豊かな教養を修得し、国際的な立場から物事を考えられること。
実践的な英語力修得するとともに,研究成果について学協会で発表を行い,より高度なコミュニケーションとプレゼンテーションができること。

 

本科(準学士課程)と専攻科(専攻科課程)の設置

本校の目的を達成するために,5学科から構成される本科と1専攻4コースで構成される専攻科を設置する。

 

本科(準学士課程)

<機械システム工学科>

【学科の目的】 機械工学の主要分野である物の動く仕組み,機械を製作する技術,実験を行うための技術,及び機械のデザインに関する基礎知識を修得させ,それらを機械システム工学の問題解決に応用できるようにする。

 

<電子制御工学科>

【学科の目的】 電子制御工学の主要分野である機械・機構の設計技術,電気電子回路の設計技術,情報処理技術などに関する基礎知識を修得させ,それらを電子制御工学の問題解決に応用できるようにする。

 

<電気電子システム工学科>

【学科の目的】 電気電子工学の主要分野である電子工学,制御工学,情報工学,電力工学の基礎に加え生命・環境などに関する基礎知識を修得させ,それらをシステム的に捉え,電気電子システム工学の問題解決に応用できること。

 

<電子情報工学科>

【学科の目的】 電子情報工学の主要分野である,情報ネットワークに関する技術を含むコンピュータの設計と利用のための技術,高性能電子部品の開発に関する技術などの基礎知識を修得させ,それらを電子情報工学の問題解決に応用できるようにする。

 

<物質工学科>

【学科の目的】 物質工学の主要分野である分析化学,無機化学,有機化学,物理化学,化学工学,生命環境化学,材料化学などに関する基礎知識を修得させ,それらを物質工学の問題解決に応用できるようにする。

 

専攻科(専攻科課程)

産業技術システムデザイン工学専攻
(機械工学コース,電気電子工学コース,情報工学コース,応用化学コース)

【専攻の目的】 専門工学(機械工学,電気電子工学,情報工学及び応用化学)の深い知識を修得すると共に他の分野の知識を修得し,専門及び複合領域において自ら問題を発見・展開し解決に向けて取り組むことができる実践的・創造的技術者を育成する。

 

学校教育法の目的と本校の目的の対応

学校教育法の目的と本校の対応についてはこちらをご覧下さい。

page top