校長からのメッセージ

ようこそ、茨城高専のホームページに。

茨城高専は、全国に51校ある国立高等専門学校のひとつで、1964年に創設され50年以上の歴史を持っています。開校時は機械工学科と電気工学科の2学科の構成でしたが、現在は工学系の5学科(機械システム工学科、電子制御工学科、電気電子システム工学科、電子情報工学科、物質工学科)からなり、中学校卒業後から5年間の本科課程とさらにその上に2年間の専攻科課程から構成されています。日本で生み出されたこの15歳からの5年間あるいは7年間の一貫した専門教育を行う高等教育機関は、国際的にみてもユニークで独創的な教育システムです。その優れた教育効果の実績から、海外でも高専モデルの教育が近年行われ始めました。

茨城高専は、工学に焦点を当てた教育を行うことで数多くの人材を輩出し、常に高い評価を受けています。自然科学は時代の変化や社会の要請にはあまり左右されません。しかし工学分野はその目的からも、社会の要請を受けて柔軟に変化していく必要があります。高い評価を受け続けることが、社会に対する教育機関としての責任であり、本校は今後も常に改良を意識して組織を現代・未来志向となるように変化していきます。

現在、多くの産業活動が世界規模で展開される中、技術の発展と展開には地球規模の考え方が必要となってきています。これらは重要な社会的要請となり、技術に関わる人材としてグローバルな感覚を持った技術者や研究者が求められています。本校は、全国51の高専から2校だけが選ばれたグローバル高専モデル校です。すでに国際的に活躍する人材を輩出するプログラムを実施し、これからの技術分野において地球規模で活躍する人材を育成していきます。

高専の優れた教育とそれに対する高い評価は、入学する学生の優秀さと勤勉さとそれに加えて、高い意欲に支えられています。科学技術に興味と関心を持つ優秀な学生が集まる場としての高専を、皆さんによく知っていただきたいと思います。

校長 喜多 英治 

 

page top