• HOME
  • グローバル教育センター

グローバル教育センター

 本校では、平成14年度に国際交流センターを設置して以来、留学生の受け入れや日本人学生の海外研修及び海外の大学等との学術交流といった国際交流活動を積極的に行ってきました。本校独自の活動として、本校内外での国際交流を深めるために国際交流クラブを立ち上げ、留学生と日本人学生の協力により本校の文化祭(茨香祭)や近隣地域のイベントへの参加活動を行っています。平成29年度、グローバル教育センターと改組し、交流を超えたさらなる国際化に努めていきます。

年次報告書

 自己点検・評価の取り組みの一つとして年次報告書を取りまとめています。グローバル教育センターの活動はこちらからご覧いただけます。

年次報告書

ニュースレター

 グローバル教育センターでの様々な取り組みを、随時発信していきます。

ニュースレター

留学生受け入れ

 昭和59年度より、主にアジア諸国から留学生の編入学を受け入れています。平成29年度までに100名が卒業し、進学または就職の後、母国及び日本国内で活躍しています。平成30年度までの本校留学生の出身地は、マレーシア、インドネシア、フィリピン、バングラデシュ、タイ、ベトナム、モンゴル、スリランカ、ブラジル、ラオス、カンボジア、中国の12か国となっています。また、平成30年度より第1学年次へタイからの留学生を受け入れています。

 本校には留学生チューター制度があります。チューターは、勉強や生活などの学校活動も含め一緒に行動し、留学生の相談にものっています。また、留学生にホストファミリーを紹介し、日本の家庭生活を体験させ、生活上の諸問題や悩みに対して助言を頂いています。本校での留学生の活動として、日帰り研修旅行、日本語特別授業、留学生卒業旅行などがあります。ひたちなか市国際交流協会が主催するいろいろなイベントに参加し、交流を深めています。 

 また、交流学生として、フィンランド、フランス、オーストラリア、ロシアの学生を短期・長期で受け入れました。

■日帰り遠足

■留学生卒業旅行

年度別国別留学生在籍状況(平成31年4月1日現在)
国名 Country/年度 Year 27 28 29 30 31
マレーシア Malaysia 6 10 9 8 5
インドネシア Indonesia 1 1 2 1 1
モンゴル Mongolia 2 3 3 4 4
タイ Thailand       3 5
中国 China          
ラオス Laos 1 1 1    
カンボジア Cambodia 1       1
合計 Total 11 15 15 16 16

 

タイ・チュラポーン王女サイエンスハイスクール(PCSHs)からの留学生受け入れ

 平成30年度4月より茨城高専ではタイ王国チュラポーン王女サイエンスハイスクール(PCSHs)からの1年次留学生の受け入れを開始しました。従来は、国立高専に入学する留学生は3年次から編入学で受け入れていましたが、今回の受け入れは、国立高等専門学校機構とPCSHsが学術交流協定を結び第1学年から入学できるように進めてきたもので、第1学年次受け入れのファーストケースとなります。

 タイからの留学生は、卒業後に母国の発展のために活躍することがタイ王国から強く期待されており、来年度以降も継続的に受け入れていく予定です。

タイ・PCSHs留学生受け入れに関するこれまでの取り組み

海外留学

 本校学生が海外留学で履修してきた単位は、そのまま30単位まで本校履修単位として認められます。これまでに6名の学生がアメリカやニュージーランドの高校等に留学しています。

海外研修

 平成7年度から海外研修として学生をオーストラリアへ派遣しています。平成14年度からイギリスへ、また平成18年度からニュージーランドへと派遣先を拡充しています。現地でホームスティをしながらの語学研修、及び現地の人々とのふれあいを通して、国際感覚を涵養するとともに実践的な英会話を鍛錬することを目的としています。

■ルーアン学生派遣

■朝鮮理工大学でのインターンシップ

■オーストラリア語学研修

学術交流協定

 本校は海外の多数の大学と学術交流協定を結び、学術的・文化的な交流を行なっています。交流が長く続いているものとしては、平成元年にフランス国立ルーアン応用科学大学(INSA de Rouen)との間に学術交流協定を結び、翌年の平成2年から同大学の学生を日本国内での研修に受け入れ、平成3年から本校学生の同大学への派遣を開始しました。
 近年の例では、平成22年、韓国の朝鮮理工大学との間に学術交流協定を結び、同年から本校の専攻科生が朝鮮理工大学でのインターンシップを行いました。平成23年度から朝鮮理工大学の学生が本校で研修を行っています。

交流協定一覧(令和元年9月18日現在)
機関名
Organization
国名
Country
締結期間
Conclusion Period
 朝鮮理工大学 
 Chosen College of Science and Technology
 韓国 
 South Korea
 2015.5.14~ 2020.5.13
 ガジャ・マダ大学職業訓練大学
 Vocational College Universitas of Gadjah Mada
 インドネシア
  Indonesia
 2015.6.17~ 2020.6.16
 グアナファト大学 
 University of Guanajuato
 メキシコ 
 Mexico
 2015.8.12~ 2020.8.11
 中興大学 
 National Chung Hsing University
 台湾
 Republic of China
 2016.2.5~ 2021.2.4

 ロモノーソフ記念モスクワ国立総合大学                  計算数学・サイバネティクス学部
 Faculty of Computational Mathmatics  and Cybernetics,Lomonosov Moscow State University

 ロシア
 Russia
 2016.3.25~ 2021.3.24
 チェレポヴェツ大学 
 Cherepovets State University
 ロシア
 Russia
 2016.9.27~ 2021.9.26

 ジョソール科学技術大学
 Jessore University of Science and Technology

 バングラデシュ
 Bangladesh
 2018.10.16~2023.10.15
 ルーアン応用科学大学 
 National Institute of Applied Science of Rouen
 フランス
 France
 2019.3.19~ 2023.3.18

 プリンセスチュラポーンサイエンスハイスクール・ペッチャブリー校
 Princess Chulabhorn Science High School Phetchaburi

 タイ
 Thailand
 2019.6.10~2024.6.9

 南グアナファト高等科学技術学校
Instituto Technologico Superior del Sur de Guanajuato

 メキシコ
 Mexico
2019.8.20~ 2024.8.19

 マグノバイカルチュラルカレッジ・サラマンカ校
Magno Bicultural College Salamanca

 メキシコ
 Mexico
2019.8.22~ 2024.8.21

グローバル高専事業

 平成26年6月に、独立行政法人国立高等専門学校機構は、グローバル高専モデル校として、全国51高専の中から、茨城高専と明石高専の2校を指定しました。本校のグローバル高専事業の取り組みは、下記のページで紹介しています。

グローバル高専事業