外国人研究員(Dr. EL Hog Sahbi氏)による研究報告会を開催しました。

外国人研究員(Dr. EL Hog Sahbi氏)による研究報告会を開催

 8月5日から9月26日までの約2か月間、茨城高専ではフランス共和国セルジー・ボントワーズ大学からDr. EL Hog Sahbi氏を外国人研究員として受け入れました。Dr. EL Hog Sahbi氏は本校の鯉渕弘資教授(国際創造工学科 機械・制御系)と共に、弾性膜や弾性膜上のスキルミオンについての共同研究を行いました。こうした共同研究の成果はスライドにまとめられ、鯉渕教授と共に学内にて2回にわたり報告会を行いました。英語で行われた報告会には本校教員のほか地元企業の経営者も参加し、貴重な交流の機会となりました。

 

本校教員らの前で研究報告を行うDr. EL Hog Sahbi氏(右奥)。

 

 

page top