タイ・チュラポーン王女サイエンスハイスクール学生受入サマープログラムを実施しました。

タイ・チュラポーン王女サイエンスハイスクール学生受入サマープログラムを実施

茨城高専では、平成29年8月6日(日)から平成29年8月11日(金)までの6日間、タイ・チュラポーン王女サイエンスハイスクール(Princes Chulabhorn Science High Schools, PCSHs)からの学生受入サマープログラムを実施しました。このプログラムは、平成30年度より高専機構においてタイPCSHsからの留学生を受け入れるにあたり、日本語能力や留学の意思の確認をするとともに、本校の学生と交流することにより、タイの学生や引率者に日本における生活及び授業環境を体験してもらうことを目的とし、平成29年3月に実施した短期受入に続き、2回目の実施となりました。今回のプログラムでは、PCSHsの学生と本校の本科1年生が協働してグループワークを行い、ペットボトルロケットの製作や書道体験等を行ったほか、最終日にはPCSHsの学生が1人ずつ日本語で感想を発表しました。

ペットボトルロケットの製作

page top